ピーチ航空の国内線は評判ほど悪くはなかった

無駄を省いて低価格を実現

ピーチ航空格安航空券

なんと言っても価格が安いということは、この不景気なご時世にはうれしいことです。
同じ場所に行くのに電車やバスを利用するのと比べても、早割などを利用すれば半額近い料金で行けてしまう場合もある上に、飛行機なので時間も早く着くことができます。
飛行機に乗ることを単に移動手段であると考えれば、十分すぎるほどのコストパフォーマンスを実現していると感じました。
ピーチ航空に限らずその他の格安航空にも言えることですが、こうした無駄を省いて低価格を実現するという戦略で、実際に利用者数を伸ばして経営を軌道に乗せているところが多いというのもうなずけるところです。

俺何回も利用してるけどひどい遅延は今んとこないなぁー。チケット代は早ければ早いほど安いよ。ただキャンセル出来ないから注意ね。あと成田空港につくよ。福岡ならピーチ航空とかバニラ航空もあるはず。時間に余裕を持った便予約必須。

— しんはわ🍎👻📌💛🐶🔚🍶🌲🍠🍗 (@shinshinnanana) 2016年8月16日
国内線での移動時間は長くても2時間にも満たない場合が多いので、機内で少し寝てしまえばもう目的地についてしまっていることがほとんどです。
実際に私も離陸後しばらくして寝てしまいましたが、目が覚めた時にはすでに着陸態勢に入っていました。
そんな短い時間の移動なので、航空会社からのサービスに関してはそこまで気になりませんし、むしろ放っておいてくれた方がゆっくりと落ち着いて休めるとおもってしまうほどです。

実際は評判ほど悪くなかった | 無駄を省いて低価格を実現 | 低価格で飛行機を利用できるありがたい時代